FC2ブログ

Los Angeles Kings ファン交流ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラミー・ロード

160910060.jpg
キングス対プレデターズ

キングスは2月10日に行われたグラミー賞の関係で(グラミーはキングスのホーム、ステープルズ・センターで催されます)ロード・ゲームの旅に出ました。

その結果はあまり良くはありませんでしたが、第3ピリオドの残り4秒でゴールを決められて敗退した、対デトロイト・レッドウィングスのショッキングなゲームでも、キングスは終始押し気味にゲームを進めていたので、結果は残念なものでしたが、徐々にチームの状態が改善されている気配が感じられました。
2月11日に行われた対セントルイス・ブルース戦では、キングスは完全にゲームを支配し、相手に付け入る隙を見せず、4-1の圧勝を飾りました。

ちなみにこのゲームではバックアップのジョナサン・バーニエが先発し、安定したゴール・テンディングで今季初勝利を手にしました。

ここで面白い統計をご紹介しますが、キングスは現在100ブロック・ショットでリーグで最小の数のショットをブロックしています。
これだけ聞くと悪い数字のように思えますが、実はそうではありません。
なぜなら昨年のスタンレー・カップ決勝で顔を合わせたのは、リーグでも最小のブロック・ショットの数を持つ2つのチーム、キングスとデビルズだったからです。

キングスはその硬いディフェンスをブロック・ショットに頼っていないということです。
はっきり言ってブロック・ショットを戦術の根幹に据えているチームは、崩れ出すとその脆さを露呈して大崩れします。

さらに言うなら、キングスのディフェンスはショットをブロックすることではなく、ショットそのものの数を制限し、しかも相手のショットは常に外側(両サイド)からのものに限定します。
そこが他のチームと大きく異なる点で、その防御システムが他のブロック・ショットに傾倒するシステムより勝っていることはすでに証明済みです。

対ブルース戦ではそのシステムが、再び息を吹き返したかのように思えました。
このゲームを機に、これから反撃に転じて欲しいものです。
スポンサーサイト
コメント:
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kings91401

Author:kings91401
Welcome to the kingdom!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

にほんブログ村 その他スポーツブログ アイスホッケーへ
にほんブログ村 ページランクチェッカー
seo

無料SEO対策・アクセスアップリンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちらWeb素材/ホームページ作成
サイト登録 無料
サンフレッチェじゃけん!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

KINGS カレンダー
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。