FC2ブログ

Los Angeles Kings ファン交流ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オフシーズン・レポート その3

ペンナーこそが秘密兵器?
d_penner.jpg

昨シーズンのトレード・デッドラインで獲得した元エドモントン・オイラーズのフォーワード、ダスティン・ペンナーのオフシーズンの動向が注目されます。夏のトレード、フリーエージェンシーで獲得したマイク・リチャーズとシモン・ガーニエにマスコミの注目の集まる中、ペンナーは起死回生を狙って密かにトレーニングに励んでいるという噂です。

昨シーズン鳴り物入りで移籍してきたペンナーですが、19ゲームで2ゴール、4アシストと期待はずれの結果に終わりました。今期は契約が切れることもあり、自身のキャリアーの為にも結果を残さねばならないシーズンとなるでしょう。ジェネラルマネージャーのディーン・ロンバルディにもコンディショニングについて公に指摘を受け、選手としてのプライドを賭けて勝負に出ねばならない状況となっています。

キングスファンの中でも彼に対して厳しい評価が大半を占めましたが、私としては彼が移籍してきて置かれた状況は必ずしも彼にとってフェアではなかったと思います。オイラーズとは全く異なるシステムの中に放り込まれ、しかもシーズン終盤には相棒のコピターを怪我で失い、ラインメートとのコンビネーションという意味からも十分な時間が与えられたとは言えなかったでしょう。

私の個人的な印象としては193センチ、111キログラムという巨漢でありながら、典型的なパワー・フォワードタイプの選手ではなく、むしろ繊細なタッチと正確な狙いでゴールを奪う職人タイプで、低迷を続けるオイラーズにありながら2009-2010シーズンには32ゴールをあげる活躍をした実績があります。キングスのシステムの中にあってはその大きなボディーを使った堅いディフェンスが要求されるところですが、自分のプレイスタイルをどこまでシステムに合わせることができるかが成功の鍵となるでしょう。
スポンサーサイト
コメント:
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kings91401

Author:kings91401
Welcome to the kingdom!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

にほんブログ村 その他スポーツブログ アイスホッケーへ
にほんブログ村 ページランクチェッカー
seo

無料SEO対策・アクセスアップリンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちらWeb素材/ホームページ作成
サイト登録 無料
サンフレッチェじゃけん!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

KINGS カレンダー
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。