FC2ブログ

Los Angeles Kings ファン交流ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHLロックアウト - にらみ合い続く

cba3.jpg

10月の10日と11日の2日間に渡ってNHLとNHLPAの間で話し合いが行われましたが、結局核心となるシェアの問題には触れることなく、またどちらの側からも新しい提案がされることもなく終わりました。

10月12日にはNHLPAがカンファレンス・コール(内部での話し合い)を行い、プレイヤー達に現状報告をすると共に、今後の対応について検討した模様です。
ホッケーファンは、あたかも一歩前に踏み出すことを恐れているような両者の態度に業を煮やしています。
まるで先に一歩踏み出せば、即座に足をすくわれるかのような恐れようです。

10月16日にNHLとNHLPAによる話し合いの再開が正式に決定されたようですが、問題の核心に触れるかどうかはまだ定かではありません。
話し合いの場所などについては、前日の15日に決定されるようです。

ところでロックアウトに関連して、LAキングス・インサイダーというブログを開設当初から3年間運営してきたジャーナリストのリッチ・ハモンド氏がブログを去ることになりました。

彼の突然の転身は、NHLが圧力をかけた為と言われています。
NHLの主張はハモンド氏はLAキングスに雇用されている立場にあり、その立場にある人間がロックアウト中にプレイヤーにインタビューを行うのは違反行為であるというもので、9月の半ばに彼がキングスのプレイヤー、ケビン・ウェストガースに行ったインタビューの記事が問題視されたようです。

報道管制までしいて自己の立場を守ろうとするNHLのやり方に、マスコミやファンから疑問の声が上がっています。
スポンサーサイト
コメント:
追記
そう言えば吉凶について書くのを忘れていました。

凶兆

前文にも記した通り、NHLもPA側も自分から動いてなるものか・・・といった感じがします。
一歩歩み寄ると、その足をそこからさらに相手側に引き寄せられることを恐れているかのようです。
確かに交渉術としては基本かも知れませんが、すでにプレシーズン・ゲームとレギュラーシーズン2週間分のゲームがキャンセルされる事によって、概算で$240ミリオンの損失を出しています。
オーナー側にはこの損失を許容するだけの余裕があるのでしょうか?

吉兆

水曜と木曜の2日間に渡って行われた話し合いで、結局核心に触れることなく終わったことに対して、NHLのビル・デイリー氏は苛立ちを露にして、「これ以上他の細かい問題について協議するために話し合いを行うのは無意味だ」と交渉にある種の方向性が出ない限り、今後のミーテシングを行わないことをほのめかしました。
しかし次の日にNHLPA側が内輪だけのミーティングを行い、その翌日に新たな話し合いが次の週にセットアップされたことを考えますと、NHLに対して何らかの方向性が与えられる申し入れがPA側よりされたのではないかと推測できます。

合意までにはまだ時間がかかるかも知れませんが、火曜日に予定されている話し合いで、何らかの動きがあることを期待しましょう。
2012/10/15(月) 18:31 | URL | kings91401 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kings91401

Author:kings91401
Welcome to the kingdom!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

にほんブログ村 その他スポーツブログ アイスホッケーへ
にほんブログ村 ページランクチェッカー
seo

無料SEO対策・アクセスアップリンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちらWeb素材/ホームページ作成
サイト登録 無料
サンフレッチェじゃけん!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

KINGS カレンダー
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。