FC2ブログ

Los Angeles Kings ファン交流ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッターイズム(Sutter-ism)とは?

d-sutter.jpg

NHLロックアウトの情報は少し休憩して(ここ2、3日大きな動きはありませんでした)、ここでキングスをスタンレー・カップ優勝に導いたヘッドコーチ、ダリル・サッターについてご紹介したいと思います。

サッター氏はチームを昨シーズンの途中から引き継いで、チームのアイデンティティーを180°変えたコーチです。

彼が以前、カルガリー・フレームズをコーチしていた時の評判から、ガミガミと口やかましく、プレイヤーの責任をとことん追及するタイプの厳しいコーチングスタイルが予想されていました。
ところがキングスのコーチとなったサッター氏は昔の印象とは打って変わり、プレイヤー達にはかなりフレンドリーなコーチに変貌していました。

勿論、プレイヤーの責任を追及する姿勢は以前と同じように厳しい人ですが、ガミガミと言うのではなく、例えばシフトを飛ばす(カップ決勝の6戦目で大活躍をしたダスティン・ブラウンをその前のゲームで最後の5分間、シフトに入れませんでした)ことで、無言のメッセージを送るやり方です。

キングスのセンター、アンジェー・コピターはこう語っています。
「ダリルはとても厳しい人だよ。『コピ、何だか疲れてるみたいだけど、次のシフト休むか?』って言うんだ。」
そう言われて、奮起しないプレイヤーはいないでしょう。

またメディアに対してもサッター氏は独特の接し方をします。
いわゆる短い言葉で応対して報道陣を煙に巻きます。

例:This ain't a baseball. (次のゲームのゴーリーは誰を使うかの質問に対して、野球のように先発投手を発表する必要は無いと言っているわけです)

その為に、サッターイズムという言葉まで生まれました。

実際にサッター氏のインタビューなどを聞いた人にはわかると思いますが、彼の話し方はあの映画の主人公、ロッキーにそっくりです(エイドリアーン!)。
口ごもるようにモゴモゴ喋るので、凄く聞き取り難いのです。

キングスのディフェンスマン、ドゥルー・ダウティーはプラクティスで列の一番後ろに並ぶようにしているといいます。
なぜなら、コーチが何を言っているかよくわからないので、列の前のプレイヤーが何をしているかでプラクティスの内容を把握するようにしているからです。

キングスのライトウィング、ジェフ・カーターはこう語りました。
「(コーチが何を言っているか)理解できないんだよ。だからいつも隣にいる誰かに「何言ってるんだ?」って聞き直しているんだ。」

よくこれで采配が振れるものです・・・しかし、サッター氏のコーチング・スタイルがチームに完璧にフィットした事は事実です。

サッターイズムの中でも特筆すべきは、Stay in the moment. という一言です。
初めて聞いた時は、何を言っているのかよく理解できませんでしたが、要するにプレイヤーの心構えをコントロールする方法です。
つまりプレイヤーがミスをすると、そのミスにこだわるあまり本来の実力を発揮できなかったりすることがないよう、ミスは忘れて次のプレーに全力を尽くせという意味です。
これはゲーム全体の流れにも当てはまります。
第一ピリオドで思うような結果が出せなかったら、それは忘れて次のピリオドで頑張るようにする。
またはプレーオフのようなシリーズでもそうです。
デビルズとの決勝で初めてプレーオフで2連敗を喫した時、やはりサッター氏は同じように、どのシーリーズでも最初のゲームを勝ち取った時の心構えで行けというアドバイスをしたのです。

プレイヤー達はコーチのアドバイスに従い、シリーズの流れの中で常に気持を切り替えることでスタンレー・カップ優勝という偉業を成し遂げる事ができたのだと思います。

そう言えばレイカーズが開幕から1勝4敗の最悪のスタートを切って、コーチが解任されましたね。
新しいコーチは、サッター氏のようなプレイヤーの意識改革が可能でしょうか?
スポンサーサイト
コメント:
No title
ダル・サッターといえば日本のホッケーファンにはなじみ深い人ですね。
たしか、シカゴにドラフト指名され、契約内容に不服だったのか、日本の岩倉組にきて1年だけプレーしました。
私はあまり覚えていませんが、センセーショナルだったみたいです。なんせ得点にかかわる賞を余裕で獲得したそうですから。
なので、サッターがカップを獲ったのを喜んでいる日本のホッケーファンは多いと思います。

NHL、開幕はいつになりますかね~。開幕したら、ファンもストライキでリンクに足を運ばず、無観客試合にしたらいいのに、なんて思ったりもします。
2012/11/14(水) 20:02 | URL | NON #TQJJvfrU[ 編集]
No title
@NONさん

サッター氏とジェネラルマネージャーのディーン・ロンバルディはSJシャークスの頃からコンビを組んだ仲で、その後もずっと親交を温めていたそうです。

サッター氏がコーチの第一候補だと報道された時のファンの反応は、正直に言って好意的なものではありませんでしたね。

しかしいざ蓋を開けてみると、予想していたようなコーチング・スタイルとは打って変わっていたので、皆も驚いたようです。

サッター氏が日本でプレーしていた話は聞いたことがあります。
何枚かその頃の写真なども紹介されていました。

ところでロックアウトの年内の解決は微妙になってきました。

おそらく来週初めにも、少なくとも12月前半のスケジュールをキャンセルするものと思われます。

あれ以来、両者は正式の話し合いを行っていませんが、マスコミを通じての醜い舌戦(駄々ってるだけのような・・・)が繰り広げられています。

また何か動きがありましたら、お知らせしますね。

ちなみに NHL Fanatic! 更新しました。

http://ameblo.jp/nhlfanatics/

今回のテーマはホッケーの英才教育についてです。
2012/11/16(金) 17:25 | URL | kings91401 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kings91401

Author:kings91401
Welcome to the kingdom!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

にほんブログ村 その他スポーツブログ アイスホッケーへ
にほんブログ村 ページランクチェッカー
seo

無料SEO対策・アクセスアップリンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちらWeb素材/ホームページ作成
サイト登録 無料
サンフレッチェじゃけん!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

KINGS カレンダー
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。